Staff Blog
コロナ禍で急増!オンライン面接

サマーインターンの時期になり、面接をする機会が増えた企業も多いのではないでしょうか。今回は、オンライン面接についてお話しします。

オンライン面接って?

オンライン面接とは、その名の通りオンライン上で行う面接のことです。つい2年前までは就活における面接は対面で行うのが当たり前でしたが、新型コロナによって、2020年からオンラインで面接を始めた企業は多いと思います。

では、オンライン面接のデメリットとメリットはなんでしょうか?

オンライン面接のデメリット

・機械トラブルが起こる

まず、オンラインにはつきものの機械トラブルです。回線が悪くて途中で切れてしまったり、パソコンが急にシャットダウンしてしまった経験、ありませんか?

対策としては、緊急時の連絡先を渡しておいて、回線トラブルなどが起きた時はすぐに電話などで対応できるようにするのがいいでしょう。

・画面越しのため、表情や雰囲気を読みにくい

オンラインでは、対面の時よりも相手の雰囲気は読み取りにくいです。学生がどれくらい真剣に語っているのかや緊張感など、対面だったら伝わることが伝わりにくいという懸念があります。学生側からしても、実際に会社に足を運んでみるのと見ないのとでは、全然感じ方が違います。

オンライン面接のメリット

こうしてみるとオンライン面接はやめたほうがいいんじゃないのか?と思う人もいるかもしれません。ですが、メリットもたくさんあります!

・地方の優秀な学生との接触率アップ

地方に住んでいる学生は、面接のためにわざわざ東京などに足を運ぶのは大変ですし、お金もかかります。今までは交通費を支給して来てもらっていた企業も多いでしょうが、オンライン面接だと、そのコストもかかりません。学生としても、気軽に参加しやすいでしょう。

・応募してもらいやすい

対面の時は、移動に時間がかかるため、面接するのは1日に一社までの学生が多かったです。しかし、オンラインなら1日に何社も受けることが可能です。どこでも受けることができ、移動にかかる時間もないため、忙しい学生も空いた時間に受けることができます。面接の日程が合わないことでの選考辞退を避けることができます。

・面接を見学できる

対面の時ですと、基本的には面接官の人しか部屋にいません。新入社員に見学させたいと思っても、面接をしない人が部屋にいるのは学生の気が散ってしまいますし、大勢で見られていると威圧感も出てしまいまうので難しいです。しかし、オンライン上だとカメラの前にいる人しか映らないため、他の社員に見学させることが可能です。

まとめ

オンライン面接のメリットとデメリットがお分かりいただけたでしょうか?メリットとデメリットのバランスを考えて、最終面接のみ対面にするなど、ハイブリッド型にするのがおすすめです。これからオンライン面接を考えているう企業の方は、参考にしてみてください!

WelcomeHR YouTube チャンネル
ドリーちゃんねる by WelcomeHR
代表ドリー YouTube始めました!
HR業界、気になったトピックについて配信しています。
アルバイトの入社手続きにも、働き方改革を!
ご不明点、運用のご相談、「軽く説明だけ聞いてみたい…」どんなことでもかまいません。
お気軽にお問い合わせください。担当スタッフがしっかりとお答えいたします。