Staff Blog
ナレッジマネジメント― 知識を情報に変換するデジタル化

世界的に知識を通じた組織のデジタル化が進んでいます。そこで、知識を組織の能力向上に必要な情報に変換させることは可能なのか、解説していきます!

   

■コグニティブ・コンピューティング(cognitive computing

「コグニティブ・コンピューティング」とは、柔軟に学び、目的を持って考え、人間と相互作用できるシステムです。

コグニティブシステムは判断はデータが得られる確率に基づいて行われます。コグニティブシステムは単純に数字に関する問題に対する答えを提示するのではなく、仮定や根拠に基づいた主張、また更に複雑で意味のある資料に対する提案まで提供します。

つまり、コグニティブ‐コンピューティングは曖昧で不確実な状況でも決定を下せるように手助けするコンピューターシステムの構築を理解する上でとても重要です。

    

■技術と人に影響を及ぼすナレッジマネジメント

「ナレッジマネジメント」とは、知識を収集し分配することで情報資源を効果的に使用できるようにするプロセスです。

組織成果を把握する上で重要なことは、労働や資本のような伝統的な生産要素よりも知識を作り、共有する能力です。

ここでのポイントは随時使われる知識を活発に利用可能な資源として発展させることができるのか、その可能性です。

上記のことから、ナレッジマネジメントは技術のみならず、人と組織を変化させる社会技術的プロセスとも考えられます。

■ナレッジマネジメント戦略

ナレッジマネジメントは以下のような戦略を通じ、意思決定プロセスや組織成果を改善できます。

① 知識の可視化

② 従業員間の繋がり

③ 従業員間のコミュニケーションを発展させるITインフラ開発

④ 多様なソースからデータ収集

⑤ データを人間の洞察力および専門性と結合する

   

■ナレッジマネジメントの課題

最後に、組織がデジタル化されている時代において革新的なナレッジマネジメントを最大限に活用することはできるのか、考察していきます!

多くの企業は意思決定の更なる迅速化のために、コグニティブ・コンピューティングを通じてナレッジマネジメントを行なっている傾向が見られます。

そのため、企業が効果的にナレッジマネジメントを行うために考慮すべき問題をまとめると次のようになります。

① ナレッジマネジメントは技術・人・組織プロセスを変化させる社会技術的プロセスです。

② 知識経営管理は成功の必須要素です。

③ 組織はユーザーの同意を得なければならないです。

知識を共有する文化を形成すべきです。

⑤ メタデータに対する共同管理方式を開発すべきです。

⑥ ナレッジマネジメントの成熟度を測定できる方法を開発する必要があります。

   

以上、ナレッジマネジメントについてでした!

WelcomeHR YouTube チャンネル
ドリーちゃんねる by WelcomeHR
代表ドリー YouTube始めました!
HR業界、気になったトピックについて配信しています。
アルバイトの入社手続きにも、働き方改革を!
ご不明点、運用のご相談、「軽く説明だけ聞いてみたい…」どんなことでもかまいません。
お気軽にお問い合わせください。担当スタッフがしっかりとお答えいたします。